-天気予報コム-

zao

蔵王連峰の麓、高湯爆裂火口に位置する蔵王温泉は、奥羽三高湯のひとつとして西暦百十年頃、日本武尊の東征に従った吉備多賀由が発見したと伝えられています。豊かな自然と温泉が織りなす蔵王温泉特有のロケーションは、ほかのスキーリゾートにはない魅力と言えるでしょう。とくに冬の樹氷は、蔵王温泉の代名詞としてあまりにも有名です。この樹氷は、大正3年にスキーで冬の蔵王を初登頂した際、発見されたと言われています。昭和11年にはドイツの山岳映画が蔵王の樹氷をカメラでとらえ、その姿を全世界に紹介しました。
日本観光地百選山岳部第一位に選ばれてからは、多くの観光客が蔵王を訪れるようになります。スキー場の開発も進み、冬はスキーのメッカとして賑わいをみせています。現在はロープウェイも開通して、地蔵山の雄大な樹氷原コースを滑れるようになりました。アイスモンスターの名称で親しまれるダイナミックな自然の芸術には、誰もが驚きと感激で息を飲むことでしょう。
スキー場は3つのロープウェイとケーブルを軸に、抜群の機動力で山全体を結んでいます。
樹氷原コースだけでなく、FIS公認のハーネンカムA・Bコースや、38度のコブ斜面が続く
蔵王名物横倉ゲレンデなど、多彩なバリエーションでスキーヤーを楽しませてくれます。
また、早くからスキーに理解のあった蔵王温泉では、オーストリアスキーの普及に務めてきました。フランツ・デルブル教授を始め、クルッケンハウザー教授、ホピヒラー教授、トニーザイラーなどをオーストリアから招き、蔵王は次第に国際的なスキー場の色合いを強めていきます。
そして昭和54年に行なわれたインタースキーでは、東洋初の開催地に選ばれました。
こうした国際色豊かな一面を持ちつつも、古くから名湯として栄えた蔵王温泉では、郷土色溢れる日本的な佇まいが印象的です。玉こんにゃくや稲花もちといった素朴な名産や温泉情緒たっぷりの街並み、そして温かい人々との触れあい──。そのどれをとっても、蔵王温泉は訪れる人に心地良い日本のノスタルジーを感じさせてくれるでしょう。

-姉妹都市:キッツビューエル-
オーストリアのチロル州にあるアルプス山麓の都市キッツビューエルと、山形市は昭和38年(1963)に姉妹都市提携をしました。明治初期にフォン・ローレツ博士が近代医療技術を指導したのを始め、トニー・ザイラーがスキー指導に訪れたりと、古くから両市は交流を深めてきました。キッツビューエルは四季を通じた観光・スポーツの好適地で、とくにスキー環境は蔵王温泉とよく似ています。

蔵王温泉
蔵王温泉観光協会
〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉708-1
Tel.0236-94-9328 Fax.0236-94-9327
URL http://www.zao-spa.or.jp/

データ
スキー場開場
人口
ホテル・旅館
民宿・ペンション
その他の宿泊施設
宿泊可能人数
1925年(大正14年)
900人
60軒 
56軒
33軒
11.000人
 
アクセスデータ
map
 
 



Mt.6おすすめの宿

Mt.6おすすめの宿はこちらからご予約いただけます。

a 野沢温泉
  野沢温泉
a 蔵王温泉
  蔵王温泉
a 草津
  草津
a 白馬八方尾根
  白馬八方尾根
a 妙高赤倉温泉
  妙高赤倉温泉

Copyright © Mt.6 BEST OF THE CLASSIC MOUNTAIN RESORTS