-天気予報コム-

spacer
温泉ソムリエのブログ
spacer
2035年皆既日食
温泉ソムリエ発祥の地妙高高原温泉郷に関する情報です。 次に日本で皆既日食が観測できるのは2035年です。 その際に妙高高原温泉郷は皆既日食が観測できるラインのど真ん中となるので、「世界でもっとも皆既日食がきれいに見える温泉郷」となります。 その日は203...
お風呂でやりたい足指体操
入浴中にやっていただきたい、足指体操です。 詳しくは、「温泉ソムリエのメルマガ」でお知らせします。  ↓↓↓ 【温泉ソムリエのメルマガ】
温泉ソムリエのマーケティング10〜これからの目標
【温泉ソムリエのマーケティング10】 〜これからの目標〜 「温泉ソムリエのマーケティング」シリーズ最終回です。 これからも温泉ソムリエを続けていくにあたって、2つの目標があります。 1つは、温泉ソムリエ認定者が温泉宿なので値引きなどの特典が受けられるシステ...
温泉ソムリエのマーケティング9〜コミュニティづくり
【温泉ソムリエのマーケティング9】 〜コミュニティづくり〜 温泉ソムリエは、認定者同士の交流があるのも魅力の一つです。 温泉地での温泉ソムリエ認定ツアーの場合は、参加者は「同期生」として仲良くなれます。 宿泊を伴わない東京などでの温泉ソムリエ認定セミナーで...
温泉ソムリエのマーケティング8〜料金設定
【温泉ソムリエのマーケティング8】 〜料金設定〜 温泉ソムリエ認定セミナーの受講料設定にあたっては、価値を下げない程度に安くしようと思いました。 〇〇ソムリエとしては「野菜ソムリエ」がモデル的存在です。 受講料は148,000円で、野菜ソムリエプロコースと...
温泉ソムリエのマーケティング7〜ブランディング
【温泉ソムリエのマーケティング7】 〜ブランディング〜 ■「内容」・・・品質が大切 認定制度にはブランドを確立する「ブランディング」が大切です。 このシリーズでお伝えしてきたように、テキストを充実させるというのもその一つです。 つまり「内容」(商品力)です...
温泉ソムリエのマーケティング6〜あらゆるネットメディアを利用しつつ、メルマガに集約する
東京から実家のある赤倉温泉に帰ったら、すぐに観光協会の役員に入れていただきました。 いや、有無を言わさず、強制的に入れさせられたと言った方がいいでしょうか(笑) 観光協会でイベントなどを開催するのですが、2つ気づいたことがありました。 1つは、イベントは...
温泉ソムリエのマーケティング5〜ネーミングで「メディアスパイラル」を
【温泉ソムリエのマーケティング5】 〜ネーミングで「メディアスパイラル」を〜 実を言うと、「温泉ソムリエ」とは僕が考えたネーミングではありません。 2002年に地元赤倉温泉では「うるおいの温泉街づくり事業」として足湯公園を造ったり、道路に植樹をしたり、赤倉...
温泉ソムリエのマーケティング4〜お客様の声を聞く
【温泉ソムリエのマーケティング4】 〜お客様の声を聞く〜 サービス業では、よく「お客様の声を聞きなさい。」ということを言われます。 最近は、星野リゾートのサービスに象徴されるように、「お客様が考えつかない想像を超えたサービス」の大切さが説かれています。 ア...
温泉ソムリエのマーケティング3〜有識者の力を借りつつ、わかりやすく
【温泉ソムリエのマーケティング3】 〜有識者の力を借りつつ、わかりやすく〜 前回の予告通り、温泉ソムリエのテキストをどうのように充実させてきたかをお伝えします。 テキストを執筆するにあたって、僕が博識ある学者でなかったことが幸いしました。 専門知識を持って...



Mt.6おすすめの宿

Mt.6おすすめの宿はこちらからご予約いただけます。

a 野沢温泉
  野沢温泉
a 蔵王温泉
  蔵王温泉
a 草津
  草津
a 白馬八方尾根
  白馬八方尾根
a 妙高赤倉温泉
  妙高赤倉温泉

Copyright © Mt.6 BEST OF THE CLASSIC MOUNTAIN RESORTS