-天気予報コム-

spacer
スキークロス 瀧澤宏臣
spacer
ソチで負傷したケガの状況について
カテゴリ
特, に, ス, キ, ー, ク, ロ, ス
公開:
Tue, 26 Feb 2013 12:11:02 +0900
ケガの状況について 先週ソチにおいて負傷したケガにつきまして、皆さまには大変ご心配をお掛け致しております。 JISSでの診断の結果、ソチの病院で言われていた前十字靭帯、半月板については共に問題無く、内側側副靭帯の軽度損傷と脛骨の軽度骨挫傷ということで、奇跡的な事に大したケガではありませんでした! 10日〜2週間程度で雪上復帰果たせそうな状況です。 ということで、ラッキーなことにケガの状況はとても軽度のもので済んだということを報告させていただきます。 とは言え、右足首を曲げると痛みがあったり、首回りは相変わらず張りが凄いし、膝も打撲しているので鈍い痛みは残ってるしで、何とも無いとは言い難いのですが、当初考えられていた状況から比べれば全くの軽傷ですからね。 まずは金曜日までJISSでリハ兼トレーニングをしていき、状況を見て今後の予定を決めていきたいと思います。 シーズンも後半戦突入しますが、まだまだ重要なレースがあります。 どうか引き続き応援宜しくお願い致します! 後援会「TeamTAKKY」も宜しくお願い致します。 http://www.takkys.net/teamtakky.html   もっと...
ソチ・プレ・オリンピック大会
カテゴリ
海, 外, 日, 記
公開:
Thu, 21 Feb 2013 03:06:39 +0900
ソチでのプレオリンピック大会は終了し、チューリヒへ戻ってきました。 昨日のレースは、ホテルのロビーでネットで観戦していました。 というのも、一昨日フェイスブックに投稿した内容でも少し触れさせてもらいましたが、レースには出場しておりません。 実は一昨日の公式トレーニング2本目で、ラストバンク手前の4連ウェーブ最初のダブルジャンプで飛び過ぎてしまい、3つ目のウェーブのフロント側に激突し、右膝を痛めてしまいました。 すぐ担架で運ばれ、そのまま救急車で病院に行きMRIを撮ってもったところ、前十字靭帯の一部が切れているということと半月板が痛んでいるようだということでした。 しかしながら、ここの病院のスタッフが全く英語が話せない人達で、片言の英語とロシア語でやり取りしているので、どこまで正確かは分からないというのが実情です。 はっきりとしたケガの状況は分からないので、日本で再診してもらう予定です。 これから、すぐに帰国手配をし、飛行機が取れ次第帰国するつもりです。 こんなこと言ってはなんですが、調子自体上向きだっただけに、非常に悔やまれるケガとなってしまいました。 まずはケガを早く治し、1日でも早く雪上に戻れるよう、頑張ってリハビリしていきたいと思います。 ご心配をお掛けしますが、気持ちはオリンピックに向けて右肩上がりを続けていますので、どうかこれからも応援して頂けますよう宜しくお願いします。 ケガの詳細ははっきりと確認が取れ次第、またここで報告させて頂きたいと思います。 感想としては、オリンピック・プレ大会となった今回のコースは、少々危険度が高かったと思います。 一年後にオリンピックを控えていることもあり、本番の為のシュミレーション的意味合いも含まれていたと思います。 様々なアイテムのサイズを大きくし、サプライズ感も含めてオリンピックに相応しいコース造りが求められていたと思いますが、度が過ぎていたかなーと感じました。 また、毎日コース変更が続いたりと、少々混乱も生じていたような気もします。 また昨日のレースでも複数名のケガ人が出てしまった模様で、彼らの無事と、早期復帰を願わずにはいられません(自分も含めてですが) FIS側は今回の結果を広い意味合いで受け止め、熟考し来年のソチオリンピックに相応しいコースビルドと運営に繋げて欲しいと思います。 ですが、基本設計は良かったと個人的には思います。 ジャンプが多く、浮遊感を感じながら滑れるコースなので、想定スピードとキッカーサイズのバランス、そして飛距離とランディングポイントがちゃんと計算されて作られていれば、楽しく滑れるコースだと感じます!   もっと...
2013シーズン前半戦レポートと、皆さまへのお願い
カテゴリ
特, に, ス, キ, ー, ク, ロ, ス
公開:
Thu, 7 Feb 2013 11:43:50 +0900
■ワールドカップ前半戦レポート... 昨年2月下旬から、ソチオリンピック出場に向け2シーズンぶりに参戦したスキークロスワールドカップ(以後WC)ですが、今季は12月から2月3日までに全7レース中6レース(初戦のみ負傷欠場)に参加しました。 まず、目標として掲げているのは、予選のタイムトライアルで32位以内に入り、予選を通過することでした。 スキークロスはこの予選通過を果たさなければ、この種目本来の姿であるスキークロスすらさせてもらえません。 しかしながら、ここ数年の各国選手のレベルアップと拮抗振りは半端でない状況になっており、平均的に見てもラップから2秒離れたら、32位以下に漏れてしまうという状況(凄い時になると1秒内に32人が入る状況さえあります)。 正直言って、どこまでやれるだろうか?という不安な気持ちもありました。 また通過してしまえば経験がモノを言う種目でもあるのですが、オリンピック以降、選手の顔ぶれも全く変わってしまっていることにより、どういうレース展開になるのか予測すら困難でした。 そんな不安を抱えた中でのレースシーズン突入でした。 今季初戦となったカナダ・ナキスカのレースでは、11月に痛めていた左肩を、転倒により再度痛めてしまい、残念ながら不参戦となってしまいました。 それ以降は順調にレースをこなし、また予選通過ラインである32位との差も、徐々にタイム差を縮めていくことができました。 そして1月15日WCムジェーブ大会(FRA)で、ついに今季の一つの大きな目標であった予選通過を果たすことができました。 オリンピック以後3年振り、そしてワールドカップ再参戦してから9レース目にしての予選突破となり、小さいけれど僕にとっては非常に大きな一歩を踏み出すことができました。 この大会後一週間の帰国、その間にウェアスポンサーであるゴールドウィンが2009年にサンプルウェアとして製作してくれていたレーシングワンピ―ス生地のウェアを実家から引っ張りだしてきて、太さ等の手直しを施してもらいグラスゲーレンへ持参! (2009年当時はレーシングスーツ生地はダメ、という判定だったのですが、今季WCに戻った時にはかなりの国がこの生地でウェアを作っていた為) これが功を奏したのか、グラスゲーレンでは予選でトップとのタイム差も1秒内にまで縮められ、10位で予選を通過! 決勝トーナメントは準々決勝敗退し、13位に終わりましたが、ウェアの影響の大きさを実感したレースでした。 以下はWC予選TTラップ選手とのタイム差と32位までのタイム差をまとめてみました。 第1戦Nakiska負傷欠場 第2戦Tellride(USA) 1位 Brady LEMAN(CAN)1:02.97  55位 瀧澤      1:06.92ラップ3.95秒差(32位1.97秒差) 第3戦ValThrans(FRA) 1位 Armin NIEDERER(SUI) 1:12.03 52位 瀧澤       1:14.46ラップ2.43秒差(32位0.74秒差) 第4戦SanCandido(ITA) 1位 Alex FIVA(SUI) 1:08.67 47位 瀧澤     1:11.08 ラップ2.41秒差(32位0.48秒差) 第5戦LesContamine(FRA) 1位 Filip FLISAR(SLO) 1:10.30 44位 瀧澤      1:12.78ラップ2.48秒差(32位0.47秒差) 第6戦Megeve(FRA) 1位 Bastien MIDOL(FRA) 1:05.85 32位 瀧澤(予選通過) 1:07.08ラップ1.23秒差 最終順位32位 第7戦Grasgehren(GER) 1位 Brady LEMAN(CAN) 1:05.31 10位 瀧澤      1:06.19 ラップ0.88秒差 最終順位13位 ■ワールドカップ後半戦に向けて... 今後の予定として、8、9日ダヴォス(SUI)でヨーロッパカップ2レース、そして12日からは来年のオリンピック開催地であるソチへ渡り、18、19日のレースまで1週間の滞在。 レースも大事ですが、まずはしっかりと現地の状況やコースの雰囲気、流れを見てきたいと思います。 ソチから戻ってきた後は2月23、24日ハラコフ(CZE) でWC第9戦、その後一旦帰国する予定です。 3月5日〜10日まで開催されるノルウェー・Vossでの世界選手権については、SXはWCソチ大会までのレースで代表が決定されます。 SAJのホームページにも掲載されている出場の為の最低条件はクリアできましたが、世界選手権には健児、ハヤトにも行ってもらいたい!!もちろんのり子、玲奈も同様です! 世界選手権出場に向けて、みんなで一丸となっていきたいと思います。 (これまでも散々言ってきましたが、ビッグイベントの場合、選手が一人で行ってもコース攻略等々、現場での情報戦でどうしても厳しくなってしまうのです) ソチ大会以後後半戦の目標は、レース一本一本で攻めの滑りを追求し、2009年以来の表彰台に上がる事。 これまでの様子見状態から、攻めの姿勢へ転換し臨んでいきたいと思います。 ■支援のお願い... どんどん調子は上がってきているのですが、FB上でも少し触れたりしましたが、実は、、、懐がすでに干上がってしまっております・・・。 またSAJコーチがついてきくれることもありますが、当然ながら無報酬であり完全なるボランティア、SXに対する情熱だけで来てくれています。経費は参加した選手達による割り勘だったりします。 ですから、その分も考慮して遠征費が必要になります。正直借金してレースに臨んでいる、という状況です。 もう綺麗事を言うつもりはありません。 どうかこのまだまだ小さなスポーツであるスキークロスに対して皆様のお力添えを頂きたく、この場でお願いさせていただきます。 どうか皆さまの力を、支援をお願い致します。 下記URLの私のホームページ内にある後援会案内にいきます。 そこに後援会入会の案内がありますので、是非前向きな検討をお願い致します。 (入会いただいた方には、今年度新しく製作したオリジナルステッカーを送らせていただきます) 何卒、よろしくお願い致します。 瀧澤 宏臣 入会はこちらからお願いします。 http://takkys.net/teamtakky.html   もっと...
Audi FIS Skicross WorldCup第4戦Innichen/SanCandido
カテゴリ
特, に, ス, キ, ー, ク, ロ, ス
公開:
Sun, 23 Dec 2012 12:32:32 +0900
さきほどAudiFIS Skicross WorldCup第4戦の予選タイムトライアル終了しました。 年内ラストのレースでしたが、結果は48位と残念ながら予選通過ならずでした。。。 しかしながら、1戦1戦経るごとに予選通過ラインである32位とのタイム差がジリジリ縮まりつつあるのは収穫かと思います。 今回は予選通過ラインである32位までは0.48秒差。。。ほんとにあと少しなんですけどね・・・。 取り急ぎ、結果報告のみにて。 詳細はこちらからご覧になれます。 http://www.fis-ski.com/pdf/2013/FS/8146/2013FS8146QRL.pdf   もっと...
FISワールドカップ・スキークロス第2戦・テルライド
カテゴリ
特, に, ス, キ, ー, ク, ロ, ス
公開:
Thu, 13 Dec 2012 19:50:20 +0900
ワールドカップ予選終了しました。 結果は・・・駄目でした・・・。 公トレ(トラブルあり、一人一本のみとなりました)は滑った感触もタイム的にも良かった(18位タイム)のですが、肝心の本番でスタート直後から細かいミスを続けてやらかしてしまい、全く良いとこ出せずゴール・・・まだまだ詰めが甘い・・・という滑りでした。 今回の北米2レースでは、外側(コーチ目線)からみたレース、内側(選手目線)から見たレース、と、2つの対局的角度からレースに触れることができて、とても勉強になります。 が、この舞台には結果を残す為に来ているので、勉強ばかりしていては意味がありません。 そういう意味では、今日のレースは残念無念。。。というより悔しいです! 公トレ後、レース後、毎回撮ってもらったビデオでミーティングするのですが、トップグループの選手達や強国の選手達と比べていくと、いくつか我々日本チームに無い共通点が浮かび上がってきます。 テクニック的には引けを取ってないと思うのですが、とにかくスピード系トレーニングの中でしか取り込んでいけない技術があり、やはりオフ期にスピード系トレーニングだけの合宿をきっちり取り入れていかないと、この差は縮めにいけない、ということです。 そうは言っても、もうレースは始まっていますから、とにかく今は、1レース1レースに集中することが最重要だと思います。 また少しでも多くのチャンスを自分で引き込みにいこうとしなければ、結果を残していくのは厳しいと感じています。 スキークロスは年々進化しているということを、改めて肌で感じた今日のレースでした。 今回はスタッフとして、中村克に来てもらい本当に助かりました。 彼は元々スピード系を得意とする選手ですので、クロスのコーチとしても非常に良いところを見てくれています。 ありがとう!!! 次は12月18(予選)、19日(決勝T)フランス・バルトランスです。 それにしても、きっちり作りこんだクロスコースは最高に楽しい!!! (でも、肩はまだイタイです...) *写真ですが、今日は曇りでしたので、昨日撮ったものをアップしています。   もっと...
ワールドカップ第1戦結果報告! ではあるのですが・・・
カテゴリ
特, に, ス, キ, ー, ク, ロ, ス
公開:
Sun, 9 Dec 2012 02:54:03 +0900
皆さんお久しぶりです。 ブログ久々の更新となりました。 本日カナダ・ナキスカで行われました、FISワールドかプ・スキークロスの2013シーズン第1戦目予選タイムトライアルが終了しました。 残念ながら日本勢は参加選手全員が予選落ち、という結果に終わってしまいました。 また僕は、今日のレースをキャンセルしました。 実は昨日の公トレ前のフリースキーで転倒し、11月にヒンタートックスで痛めた左肩を再度痛めてしまった為です。 何もしていなければ痛み自体はそこまで酷くはないのですが、動かすと、ちょっとよろしくない感じがある為、大事を取り今回は見送る決断をしました。 シーズン初っ端のレースから残念なお知らせとなってしまい申し訳ありません。 なんとか次のテルライドには間に合わせられるよう、しっかり治していきたいと思います! 引続き応援を宜しくお願い致します!   もっと...
水上スキー追加開催!のお知らせ
カテゴリ
お, 知, ら, せ, で, す, !, !
公開:
Tue, 21 Aug 2012 18:15:57 +0900
かぐら瀧澤レーシングスクールでは、好評につき水上スキートレーニングを以下の通り追加開催します。 【日程】  9月1日(土) 【場所】  山中湖(山梨県) 【参加費】 瀧澤レーシングメンバー\15,000 ビジター\16,500 【定員】  各8名(最少催行人数6名) 【コーチ】 瀧澤宏臣ほか 【集合】  朝6:30に山中湖レストセンター横(湖畔) 【宿泊】  各自 申込み、お問い合わせは以下よりお願いいたします。 お申込み・お問い合わせはこちら https://ssl3.activeweb.jp/snowfirst_jp/enquiry.aspx メールフォームにてお申込み、お問い合わせください   もっと...
オーストラリアNZコンチネンタルカップ
カテゴリ
海, 外, 日, 記
公開:
Tue, 21 Aug 2012 18:09:53 +0900
日曜日にFISスキークロスのANC(コンチネンタルカップ)戦終わりまして、悪天候続きだった為、1日で2戦強行というスケジュールでしたが、、、予選は2戦分やったものの、トーナメントは1戦目終了時点で16時・・・結局日没時間切れとなりトーナメントは1戦のみで終了でした。 結果ですが、1戦目3位、2戦目はタイムトライアルで3位でした。 2戦目分も表彰式はありましたが、リザルトとして残るのか確認せず、日曜夜の便で帰国する選手がいたので、急いでメルボルンへ移動してきました。 昨日、今日と久々ののんびりタイム。 日本へ帰るとなんだかんだで予定で埋まってしまうので、最近は帰国を1日遅らせたりして外国でゆっくりできる時間を作るようにしています。 レース翌日はあちこち筋肉痛になるのですが、今回はそこまで酷くなく、心地良い疲労感が残るくらいでした。 きっと直前までの高地トレーニングが効いているのでしょう(笑) 今回のレースに出場し、シーズンに向けまずまずの手応えを感じられた反面、課題がはっきりした部分もありました。 そういう確認ができただけでも、すごく良い時間にすることができました。 シーズンまで2ヶ月ちょっとになりましたが、どこまで強化していけるか、強化したらどうなるのか、楽しみでもあります。 リザルト詳細 http://www.fis-ski.com/uk/604/1228.html?event_id=31769&cal_suchsector=FS (ブログアップ時にはまだ更新されていませんでした) ところで、ロンドンオリンピックが終了し、日本はメダル数が史上最多だったようですね!! 凄いです!! 特にこれまでメダル獲得が難しかった状況にあった種目で取っている点が見逃せないですね。 各種目の現場関係者の方々の表には見えてこない努力と、オリンピックで勝ちにいく!という本気の思いが形となったということだと思います。   もっと...
ヒンタートックスキャンプ14日目 休養日
カテゴリ
海, 外, 日, 記
公開:
Fri, 10 Aug 2012 18:20:02 +0900
本日は、今回のキャンプ最後のレスト。 みんなで電車に乗ってインスブルックまでやってきました。 みんなヨーロッパの電車は初めての体験。 日本とは乗り方が全く違うので、新鮮で楽しかったようです。 インスブルックでの滞在時間は数時間程度でしたが、ジュニア達には素晴らしい経験となったことでしょう。 日本と外国の文化や違いを知り、肌で感じ、これからの将来に活かしていって欲しいと思います。 それにしても、今日のインスは人が多かったです! 祝日か何かなのかな?? 今回のキャンプも気が付けば残すところ2日間のトレーニングとなりました。 キャンプの締めに向け、改めて気持ちを引き締め仕上げに入っていきたいと思います。 また昨日までの映像もアップしたいと思います。 星瑞枝選手 http://youtu.be/tP18ziLLqAc 高橋莉沙選手 http://youtu.be/kxYu9VMEcm8 鈴木奈渚 http://youtu.be/BvW3tiaFzeU 犬束彩葵選手 http://youtu.be/3aBEyobsG4g 立石佳帆選手 http://youtu.be/C6-cxSJXXNo   もっと...
ヒンタートックスキャンプ7日目終了!
カテゴリ
海, 外, 日, 記
公開:
Fri, 3 Aug 2012 14:38:42 +0900
7日目トレーニング終了しました。 今日からは昨日までの緩斜面主体のコースから変わり、急斜面で氷河の氷がもろに出ているコース! 少々石がまじっている部分もありましたが、コースの殆どは氷が露出しているので、スキーが思うように動いてくれずに苦戦する選手達でしたが、足場を作り難い状況下でも、滑走フォームを作っていくという意味で非常に良い練習となっています。 今回のキャンプは基本ポジションと基本動作の構築が一番の目的です。 今日のコースに移ってきて、いきなりの氷のバーンでなかなか思うようにいかずフラストレーションが溜まってくるところではありますが、この苦しい思いが必ず実る日がやってくるので、今はしっかりと苦しんでいってもらおうと思っています。 代わりにといっては何ですが、午後はレクリエーション的な意味合いとガス抜きの意味お含めて、ホッケーをやりました! みんな楽しそうにやってくれてたので、少しはスッキリしたかなーと思います。 明日からスラロームに種目が変わっていくので、また基礎からみっちり!となります。 そして、明日の練習が終われば、2日間の休養日です! 明日も、きっちり頑張っていきましょう! ↓これまでの滑走写真です。 星瑞枝選手 犬束彩葵選手 鈴木奈渚選手 高橋莉沙選手 立石佳帆選手 世界のNISHIYAMA 本日の映像もどうぞ! http://youtu.be/S9i7xgB0XNo   もっと...



Mt.6おすすめの宿

Mt.6おすすめの宿はこちらからご予約いただけます。

a 野沢温泉
  野沢温泉
a 蔵王温泉
  蔵王温泉
a 草津
  草津
a 白馬八方尾根
  白馬八方尾根
a 妙高赤倉温泉
  妙高赤倉温泉

Copyright © Mt.6 BEST OF THE CLASSIC MOUNTAIN RESORTS